top of page

結婚のプロポーズ

オペラ座の怪人と共に

午後になると、あなたの愛する人の親友が彼女に断ることのできない提案をします。それは1年に1度しか起こり得ない特別な機会です:パリの象徴的な劇場のプライベートで独占的で無料の見学です。この一度限りの瞬間は、芸術と文化を愛する者にとって絶対に見逃せないイベントとして提示され、彼女はそれを断るわけにはいかないでしょう。

2人の若い女性は、内部で待っている美しさを予感させる壮大なファサードを持つ有名な劇場に向かいます。彼女たちは薄暗い光と神秘的な雰囲気に包まれたホールに入りますが、予想外の驚きがあります:彼女たちは完全に一人です。他には一人もいません。実際には即興演技が得意な女優であるガイドだけが、最初の瞬間から熱意が伝わるように彼女たちを出迎え、この名門の場所にまつわる秘密を見学中に明らかにすることを約束します。

 

2人は劇場の壮大な建物を探索し始め、狭い廊下に入ります。壁には昔のスターの凍ったような肖像画が飾られています。しかし、ふとした動きがすぐに彼女たちの注意を引きます。彼女たちは遠くに謎の男を見つけます。彼は黒いズボン、真っ白なシャツ、顔を隠すマスク、そして暗いケープを着ています。彼はちらりと姿を見せ、まるで捉えられない閃光のように消えていきます。男が現れたとき、ガイドは別の方向を向いていましたが、何も見ていなかったと告白し、この施設の偉大さと歴史が時折冒険者にトリックをかけることがあることを強調します。

魅惑的な劇場の洞窟のような場所をくまなく探索し続ける2人の女性は、時折、顔を隠した謎めいた姿を見かけます。彼は動かず、じっと立って彼女たちを見つめたり、カーテンの後ろに隠れたりします。その男は賢いネコのように器用に移動します。女性たちが近づこうとするたびに、その男は逃げてしまいます。まるで神秘的な影のように暗闇に溶け込み、女性たちに奇妙な感覚をもたらします...

 

数分後、冒険者たちは劇場の舞台裏に到達し、そこでは熱気あふれる静けさが漂います。艶やかなポリッシュされた木製の床を響かせながら、女性たちは役者の楽屋に入ります。ここでは鏡、衣装、メイクの香りが、役者たちが舞台に上がる前の細心の準備を思い起こさせるだけでなく、ふかふかのプライバシーが漂います。しかし、あなたの愛する人は少し不安そうで、考えこみ込んでいます...何が起こっているのでしょうか?彼女はなぜここにいるのでしょうか?

 

3人の女性は、旅を続けながら、やがて立派な階段の前に立ちます。階段を上ろうとするその瞬間、手すりの後ろに身を隠した仮面をつけた男が姿を現し、鋭い眼差しで彼女たちを見つめ、劇場の高みへと消えていきます。今度は、ガイド自身もその出来事を目撃しますが、彼女はぼんやりとした説明しかできません。声を震わせながら、建物の地下に幽霊が存在するという噂が絶えず流れていることを半ば言います。このようにして、神秘的な雰囲気が一層強まり、2人の友情が興奮に包まれていきます…

 

階段を上がると、女性たちは劇場の最上階に到達します。ここには、通常は著名人に予約されている見事なプロセニアムのロッジがあります。その一方で、オペラの旋律がますます聞こえてきて、その広がりに満ちた場所に染み込みます。豪華に装飾された扉が開かれると、真っ赤な椅子が完璧に並び、輝く金のバルコニーが繊細な彫刻やバロック様式の模様で飾られ、見事なシャンデリアが天井に吊るされています。ただし、大きなシャンデリアが崩れ落ちないことを願います…

 

ロッジから、若い女性たちは演奏されるステージを一望できます。ピアノの名手と華やかな衣装に身を包んだオペラ歌手がステージで演奏します。モーツァルトの「Voi che sapete」の情熱的で溢れる演奏が空中に響き渡り、3人の控えめな観察者を壮大な次元に運びます。しかし、その魅力は突如として断ち切られるでしょう。向かいのロッジに隠れている幽霊が再び現れるときです。おそらくあなたの愛する人の背筋には寒気が走るでしょう...

 

ガイドは訪問者に場所を去るように頼み、階段を急いで下ります。2人の友人は彼女についていくのがやっとです。1階に戻ると、彼女は大きな扉を断固とした手つきで開け、一気に壮大で印象的な劇場を現します。そして、中に入ると、すぐにその扉を閉めるでしょう。ますます高まる音楽に引かれるように、女性たちはゆっくりとステージに向かって進み、リリカルな高揚感に駆られます。音符はますます力強く振動し、彼女たちのすべての繊維にしみ入り、強烈な感情のパレットを目覚めさせます。音楽の源に近づくにつれて、空気はほとんど手触りがあるようになり、魅力的なエネルギーで大気を振動させるでしょう。

 

しかし、オペラ歌手は突如として恐怖に襲われ、彼女の左に恐ろしい目を向けて凝り固まり、口から悲鳴が漏れ、立ち尽くすでしょう。目の前に現れる言葉では言い表せない恐怖に立ち向かうことができず、彼女は意識を失ってしまいます。そしてすぐに続いて、ピアニストも意識を失います。オペラ座の怪人はステージに登場し、意図的で静かな足取りで前に進みます。

 

劇的な仕草で、彼は赤いバラをケープから取り出し、ゆっくりとマスクを外し、それまで神秘的に隠されていた顔を明らかにします。そしてそこで、その正体が明らかになります:オペラ座の怪人、それがあなたです!聖なる静寂が劇場に充満し、あなたの心臓の鼓動と愛する人の心臓が一斉に打ち鳴るでしょう。ステージにひざまずき、厳かな言葉を述べ、愛する人に手を求めます。彼女は確信に満ちた声で「はい」と答えるでしょう。

 

喜びと驚きに満ちた輝きの中で、歌手とピアニストは失神から目を覚まし、待ちに待った結末に熱烈な拍手を送るでしょう。共通の情熱で結ばれ、彼らは感動的な「アヴェ・マリア」(グノー)を歌い始め、聴衆を深い感情の渦に巻き込むでしょう。

 

メロディが劇場に響く中、ガイドはシャンパンを持ってあなたのもとにやってきて、あなたが分かち合った素晴らしい瞬間を祝福することができるでしょう。

もちろん、この驚くべき冒険の間、オペラ座の怪人の役割を見事に演じたのは才能ある俳優であり、その出現ごとに神秘と興奮が漂っていました。その間、ステージの左側に隠れて、俳優と同じ服装を身にまとい、ステージに登場する好機を待っていることでしょう!

プロポーズ用のエンゲージリング

含まれています:

  • 4時間の間、サウンドとライトのディレクターを含むパリの劇場の貸し切り。

  • ガイドと幽霊の2人の劇俳優による即興演劇のパフォーマンス。

  • リリカル歌手とピアニストによる2曲の音楽の演奏。

  • あなたが保管できる幽霊のコスチューム。

  • バラとシャンパンのボトル。

料金

シナリオの料金 : 9990 ユーロ

期間

45分の中平均のシナリオ。

エッフェル塔

Demande en mariage avec le Fantôme de l'Opéra
Mozart - Voi che sapete (Cecilia Bartoli) HD subtitles

Mozart - Voi che sapete (Cecilia Bartoli) HD subtitles

02:40
動画を再生
bottom of page