top of page

パリの結婚のプロポーズの写真家:最高の写真家を見つけるための5つのアドバイス

によって Nicolas | 2023年5月30日 

結婚のプロポーズの瞬間を想像してみてください。人生の愛に対してひざまずき、彼女に一緒に人生を歩んでいくことを頼む瞬間です。このはかない瞬間は強烈な感情で満ちており、絶対に結婚のプロポーズを写真に収めたいと思うでしょう。しかし、この瞬間は数秒しか続かないため、その感情は一生続くものです。したがって、無限の優しさを持つ瞬間を捉えながら spontanéité を保つ方法をどのようにして見つけるか?2006年以来、約2000件の結婚のプロポーズを手がけ、数十人の写真家に出会いました。中には感情に圧倒され、一緒に泣いてしまう写真家もいることを知っていましたか?感動的ではありますが、それは全くプロフェッショナルではありません。結婚のプロポーズの写真家は、リラックスしている必要があるだけでなく、愛の告白に含まれる無数の要素に適応し、自分を超えて感じることなく対応できる能力が必要です。ここでは、結婚のプロポーズに最適な写真家を見つけるための5つのアドバイスを提供します。

1. 日没や夜を昼間よりも優先しましょう。

ヴァンドーム広場での結婚のプロポーズの写真家

 

結婚のプロポーズの理想的な瞬間を選ぶ際には、夕日や夜を重視することが、あなたの経験に魔法的でロマンチックな要素を加えることができます。過去に見たり経験したりした伝統的な写真撮影を忘れてください。なぜなら、結婚のプロポーズは異なるアプローチが必要なユニークなイベントだからです。ApoteoSurpriseが企画する結婚のプロポーズのシナリオの大部分が夜が訪れたり、夜が既にきていたりする時間に行われることに気付いたことでしょう。特に、エッフェル塔の足元でメッセージが表示されるリムジンでのシナリオや、プラス・ヴァンドーム広場にシンデレラの馬車が出現するシナリオセーヌ川でのディナークルーズ中に空から千本の赤いバラが舞い降りるシナリオなど、人気のあるシナリオではこの傾向が見られます。

夕暮れや夜が結婚のプロポーズによく選ばれる理由は単純です。暗闇は感動に満ちた瞬間にぴったりの親密で神秘的な雰囲気を作り出します。星の輝きの下で、街の灯りが優しく地平線を照らす様子を想像してみてください。このロマンチックな雰囲気は、あなたのプロポーズにさらなる幻想的な要素を加えます。

 

さらに、夕焼けや夜の選択はユニークな写真の機会を提供します。低い明るさは、写真家が光の遊び、対比、反射を楽しむのに適しており、魅力的で感動的なイメージを作り出すことができます。夕暮れの温かな色彩や夜のやわらかい灯りは、写真に芸術的な次元を加え、それをさらに特別で記憶に残るものにします。

「はい」という瞬間を不滅のものにするために選ぶ写真家は、ひざまずく瞬間の細部を完璧に把握し、こうした概念を完璧に取り入れ、必要な機材を持ち、こうした状況において豊富な経験を有していなければなりません。アイデアは、非常に低い光条件でシーンの詳細をキャッチするために強力で細かいカメラを使用し、色彩や夜の雰囲気を損なわずに捉えることです。

2. 結婚のプロポーズの写真家は、結婚式の写真家とはまったく関係ありません。

セーヌ川での結婚のプロポーズの写真家

 

結婚のプロポーズの際に依頼する写真家は、結婚式の写真家ではないことが重要です。結婚式では、式やカップルの屋外での撮影はしばしば標準的な手法で行われます。結婚式の写真は、他の結婚式の写真と非常によく似ています:二人の恋人のポーズや視線、周囲の環境などです。結婚の写真を専門とする写真家は、通常、自身が熟知し得ているものを再現し、結婚のプロポーズの写真を撮る際にも同じようなアプローチを取りがちです。これは結果に悪影響を与える可能性があり、写真を受け取った後、恋愛の宣言の写真ではなく結婚の写真を撮ったような印象を持つかもしれません。結婚はそのうちにやってくるでしょう。その時には、結婚の写真を専門とする写真家のレンズの前でポーズを取る余裕があるでしょう!

 

写真家の仕事は多様であり、しばしば写真家は特定の分野に特化しています。建築写真家は結婚式の写真家や動物写真家、ポートレート写真家とは全く異なるアプローチと経験を持っています。そして、信じられないかもしれませんが、結婚の写真を専門とする写真家は、料理の写真を撮る写真家よりも、例えば婚約指輪を明かす際にひざまずく様子を撮影するのに優れているわけではありません!結婚式では、写真家はカップルを不滅のものにします。一方、結婚のプロポーズの際には、写真家は純粋な感情と星に向かう情熱を不滅のものにします。

 

だからこそ、選ぶ写真家が結婚のプロポーズの分野で豊富な経験を持っていることを確認することが重要です。彼らのポートフォリオを見せてもらうことを躊躇しないでください。そして、写真から感情が滲み出ているかどうかを確認してください。提示された写真に感動しない場合は、自分の性格により合う別のプロフェッショナルに連絡することを躊躇しないでください。

3. 絶対に写真撮影中に結婚のプロポーズをしないでください!

花火付きの結婚のプロポーズの写真家

 

半ばの十年前、愛を告げるためにはフラッシュモブが流行していましたが、女性が夢見るものとは全く合っていなかったのです。その後、ルーフトップの流行がありました。そしてここ二、三年、多くの情報不足の男性たちがセーヌ川の岸辺に展開された合板の装飾の中でプロポーズしたがるようになりました。これもまた、ただ一つの目的を持つ流行に過ぎません:友達に見せたり、ソーシャルメディアに投稿するための素敵な写真を手に入れることです。このようなプロポーズでは、有名な感動のエレベーターを創造するには必要なシナリオや演出がまったくありません。そして感動のエレベーターがないと、事は非常に単純です:プロポーズは中身を失い、ほとんど結婚の写真撮影と同じようなものになります。そしてこれが前述のアドバイスで強調された間違いに戻ってきます:プロポーズと結婚は全く関係ありません!もし愛する人がただのプロポーズの装飾を見つけたら、彼女はすぐに何が起こっているのかを理解します。もはや魔法も謎もありません。アインシュタインは言いました。「世界で最も美しい感情は、謎の感覚です。これを感じたことがない人は、その目を閉じています。」では、本当に彼女の目を閉じたままにしておきたいですか?それは彼女の人生で最も感動的な瞬間であるべき時に。

恋人が目を見開き、星でいっぱいになる瞬間を迎えるためには、本当のシナリオを考えることが不可欠です。手をつなぎながら動き続けてください。シナリオが成功すれば、時間や場所の感覚を完全に失うはずです。写真を撮るためだけに設置された装飾に到着すると、目的を打ち消す失敗を犯します。状況を想像してみてください:どこかにあなたのために装飾が施され、写真家が3メートル先で待っています。あなたは他の無機物の中にあるように装飾に立っています。すでにプロポーズされることを知っているあなたの愛する人は、彼女の人生で最も貴重な瞬間をカメラの前で過ごすことになるでしょう。

結婚式では、カップルはすべてについてストレスを感じます(ケータリング、エンターテイメント、アルコールを飲みすぎた義兄弟の不適切な発言、写真撮影など)。一方、プロポーズは雲の上で進むべきだとされています。プロポーズの美しさは、若い女性にとってストレスがなく、子供のころ以来感じていない純粋な感情だけであることです。プロポーズが写真撮影の間に行われた場合、魔法は水の泡になり、王子様の夢は消えてしまいます。ロマンチックな物語やディズニーの長編映画で、写真撮影の間にプロポーズされた王女を見たことがありますか?

4. サプライズの結婚のプロポーズの際は、写真家を完全に無視してください。

モンマルトルでのプロポーズの写真家

 

依頼する写真家はできるだけ控えめである必要があります。簡単なことですが、あなたもあなたの愛する人もイベント中に彼を見逃してはいけません。カメラは望遠レンズでなければならず、写真家は遠くに立っていなければなりません。彼があなたのプロポーズに適応するのは彼の役割であり、逆ではありません。一切の瞬間でポーズをとるべきではありません。一切の瞬間で写真家のフレーミングを予測するために姿勢をとるべきではありません。要約すると、一切の瞬間で写真を考えてはいけません!

 

もし写真家が経験豊富で能力があるなら、彼が素晴らしい写真を撮るための場所を選び、あなたに適応するのは彼の仕事です。写真家は単なる控えめな証人でなければなりません。一切の瞬間で彼はあなたたちの愛の人生で最も優美な瞬間に干渉してはいけません。

プロポーズは基本的に一度だけ経験されるはずの絶対的な夢です。カップル生活の中で最も純粋で強力な感情を絶対に台無しにしないでください。伝統的な写真家ではなく、むしろパパラッチに頼む方が得策でしょう。パパラッチは隠れて瞬間を捉え、一時を切り取る習慣があります。パパラッチの才能は、一瞬で行動を予測し、飛び入りで調整し、すぐに最適な場所を選ぶことができます。パパラッチはまた、あなたの感情が写真で最も見えるようになる瞬間を識別するでしょう。

私たちは、モンマルトルの小道でのプロポーズシーンの写真をご覧いただくことをお勧めします:「はい」という大事な瞬間まで、カップルは一度も写真家を見ていませんでした!写真家は脇に隠れ、膝をつく重要な瞬間まで見えないようにすることが不可欠です。この特定の瞬間に、あなたの愛する人は感情に圧倒されすぎて、プロの存在に気づくことさえありません。もしプロポーズがちょっとした人だかりの中で行われる場合、写真家と人だかりはぼんやりとしてほとんど感じられず、あなたが愛する人と一緒に飛び立つカラフルな雲から遥か遠くに見えるでしょう。

膝をついた瞬間にのみ、カメラマンがひそかに近づくことができます。『はい』の言葉をもらった後、お互いに抱きしめ合う場面で、プロのカメラマンが出てくるでしょう。この特定の瞬間に、あなたの愛する人がカメラマンの存在に気づくでしょう。それから、思い出の写真を撮るためにポーズをとることができますが、写真にかかる時間は5分以内にとどめておくべきです。彼女があなたの“婚約者”になった後、もう一つだけ欲しいものは、マジックを延長して魅力的なレストラン、ユニークな場所、または時間帯によっては私たちが別の記事で提案するロマンチックなホテルのいずれかに向かうことでしょう。

 

再度申し上げますが、プロポーズが完了したら、写真撮影は貴重な5分を超えてはいけません。プロポーズの際、写真を考えてはいけません。決して。愛の告白の思い出の写真が欲しい場合は、この非常にプライベートなイベントの特性と微妙なニュアンスを本当に理解しているカメラマンに依頼してください。状況に適さないカメラマンは、必ずあなたを引き留め、結果的には写真撮影セッションになります。その場合、魔法は一瞬にして消えてしまいます。友達やソーシャルメディアでどう思われるかではなく、あなたの愛する人のことを考えてください。プロポーズの感動と高揚感は、盗まれて散らかされるにはあまりにも特別な宝物です。

5. 料金の交渉を行いましょう。

パレ・ロワイヤルの庭での結婚の申し込みの写真家

 

これに関しては先ほどのポイントに戻ってきます:プロポーズは結婚式でも写真撮影でもありません。この分野でのスキルや経験がないカメラマンを依頼した場合、彼は通常やっていることに基づいて行動し、それに応じて料金設定を行うでしょうが、それが必ずしもあなたの利益になるとは限りません。

 

プロポーズの写真を撮るためには、カメラマンは特定のパッケージや価格表に基づくことはできません。また、時間単位で請求したり、提供する写真の枚数を事前に教えたりすることはできません。不正直な結婚式のカメラマンや、あなたのイベントを好機と見なすがめついカメラマンは、1500ユーロを請求するかもしれません。あなたのイベントが一攫千金であると考える飽くなきカメラマンは、500から600ユーロを請求するかもしれません。これらの価格はあまりにも高すぎます。

 

プロポーズのカメラマンの関与とアプローチは非常に特殊です:非常に短い時間内に、その瞬間の本質を捉え、彼の技量の精髄を表現しなければなりません。パリで最高のプロポーズのカメラマンは、1時間以上現場にいる必要がなければ、180から200ユーロを請求するはずです。彼が有能であれば、愛の告白の写真を48時間以内にダウンロードで送付し、最もインパクトがあり代表的だと考える写真を提供します。写真が10枚しかない場合はそれを受け入れてください。20枚、25枚、30枚以上ある場合、それはすべてそれぞれの理由があるとカメラマンが判断したためです。彼のアプローチを受け入れ、選択されていない写真を取得することを求めないでください。そして何より、彼に信頼してください。これらすべての理由から、あなたの愛の人生で最も重要な瞬間を永遠にするカメラマンを注意深く選ぶことが不可欠です。一度選択が確定したら、彼のことを考えずに、あなたの愛する人と共に楽しむすべての瞬間を楽しんでください。

 

もし結婚のプロポーズを写真に残したいと思うなら、お気軽にご連絡ください。私たちは、この分野で真の能力を持つプロフェッショナルとご紹介いたします。お選びになったフォトグラファーへの支払いは、私たちが介入することなく直接行っていただきます。写真撮影は、私たちのオリジナルなプロポーズの企画には直接関係ありません。フォトグラファーの参加の有無は、すべてあなたにお任せします。私たちの唯一の優先事項は、あなたの愛する人にとって最も素晴らしい、忘れられない、魅惑的な瞬間を提供することです!

bottom of page